子育て環境に関する問い合わせQ&A

2011.02.20 Sunday

知人の主婦の方と、
その周りの友人に流山市の子育て環境について、
ヒアリングしてみました。

多くの貴重なご意見をいただきましたので、
私なりの見解をお応えします。

以下、皆さまから頂戴したご質問やご意見を加工せずに、
そのままの文章で記載します。

【1】病院が少ない(特に小児科)。
└市内の小児科専門の外来診療をしている病院は2箇所、
 医院等は、5箇所です。
 小児科がある医療機関は、24箇所です。 
 ちなみに、近隣市との比較は、下記のとおりです。
 「流山市」人口: 16万6496名
 小児科専門医 5名
 小児科専門病院2か所(うち入院可能な病院1)
 小児科24か所
 「我孫子市」 人口: 13万5488名
 小児科専門医 7名
 小児科専門病院0か所(うち入院可能な病院0)
 小児科18か所
 「野田市」 人口: 15万7401名
 小児科専門医 4名
 小児科専門病院4か所(うち入院可能な病院2)
 小児科24か所
 「柏  市」 人口: 40万5233名
 小児科専門医 2名
 小児科専門病院4か所(うち入院可能な病院4)
 小児科69か所
 「松戸市」 人口: 48万2172名
 小児科専門医11名
 小児科専門病院3か所(うち入院可能な病院3)
 小児科91か所

【2】夜間救急(保健センター内)の医師は、
   内科医が多いのでは。
   小児科専門の医師を配置して欲しい。
└流山に限らず小児科医の人数が少ないので、
 なかなか厳しい状況です。
 流山市の平日夜間、休日診療所に御協力いただいている医師は、
 34名います。
 内訳は、内科29人、小児科2人、外科2人、産婦人科1人です。
 小児科医不足は全国的な社会問題です。
 小児科医不足の最大の要因は、子供の具合が悪くなると、
 お母さんたちが何でもかんでも、
 小児科専門医のいる大病院に駆け込むことにあります。
 以下のサイトで「受診の目安すチャート」を、
 ご参考いただくと便利だと思います。

【3】小児が入院できる病院が市内にほとんどない
   (東葛病院くらいしかない?)。
└市内に入院できる病院は、東葛病院だけです。
 が、隣接市(野田市、柏市、松戸市)でも、
 小児が入院できる医療機関がありますので、
 ご活用ください。
 「松戸市:松戸市立病院、新松戸中央総合病院、千葉西総合病院」
 「柏  市:慈恵医大柏病院、名戸ヶ谷病院」
 「野田市:キッコーマン総合病院、小張総合病院」

【4】保育園が駅前に開園して欲しい。
└TX沿線3駅(おおたかの森・セントラルパーク・南流山)
 の駅前には、それぞれ3歳未満児を対象とした保育園(分園)を
 設置しています。
 今後の保育園の整備は、
 駅近辺のビル等を活用した事例も担当部署が検討しています。
 これは、今定例会(3月議会)で、
 議員の質問に対する執行部(役所)答弁の中で、
 もっと具体的に発表されると思います。
 
【5】病後保育をしてくれる保育園が少ない。
└病後児保育は、
 現在2施設(わらしこ保育園・南流山聖華保育園)で
 実施していますが、国の制度を基準としているため、
 手続きが煩雑で利用率が上がっていません。
 そこで、現在、自宅派遣型のサービス導入を
 担当部署が研究しています。

【6】幼児教育もしてくれる保育園を希望。
└市内の私立保育園では、
 個別のカリキュラムを設定している園が、
 私の知る限り10園ほどあります。
 Webサイト等で参照してみてください。

【7】江戸川大学内の保育園は、駅から徒歩圏内ではない。
└えどがわ森の保育園(江戸川大学内)周辺は、
 区画整理のため、まだ道路整備が完了していません。
 他の園と比較しても立地的には徒歩圏内だと思います。
 道路整備が完了すれば、利便性は更に向上すると考えます。

【8】みやぞの保育園は、駅から徒歩圏内ではないが、
   送迎ステーションの利用は園で進めていない。
└事実確認をしておりませんので、何とも言えませんが、
 送迎保育ステーション事業は、流山市の事業であり、
 市内全ての保育園を対象としています。
 ただし、保育園によっては、園の方針もあり、
 日々子供の成長等を直接保護者に伝える役割も担うため、
 可能な範囲で保護者による送迎を求める場合もあります。

【9】送迎ステーションは、1歳以下?は利用できない。
└送迎保育ステーション事業は、
 平成19年度の事業スタート時点では、
 1歳以下の歩けない児童は添乗する保育士が抱きかかえ、
 在籍する保育所の保育士に引き渡していました。
 しかし、転落等万一の事故を考慮し、現在では、
 歩行が可能な児童(リュックを背負うことが可能な児童)に、
 限定しているようです。
 御理解をいただきたく存じます。

【10】おおたかの森駅圏内の小学校が少ない。
    (小山小学校に全員入学できるのか不安)
    おおたかの森駅圏内の中学校がない。
    (自転車で通学しなければならない)
└おおたかの森駅圏内の学齢児童・生徒数が増加しますので、
 平成27年4月開校をめざし、
 小中学校併設校(同一敷地内に小学校と中学校があります)
 をつくります。
 場所は、市野谷の森の南側を予定しているようです。
 また、新設校の開校に合わせて学区の調整も必要になりますので、
 現在、市全域の児童生徒数の推計等の調査を進めているようです。
 小山小学校については、
 現在の施設の活用を工夫することにより、
 教室を確保する見込みです。

【11】図書館などの公共施設で、授乳ルームがない。
└今年度から「赤ちゃんほっとスペース」事業を開始しました。
 これは、外出時に保育所や児童センターなどの公共施設で、
 授乳やおむつ替えができるよう場所(施設)や、
 調乳用のお湯の提供を行うものです。
 (対象施設の入り口には専用ロゴステッカーが貼ってあります)

 現在のサービス提供施設は、
 15か所(市役所・保健センター・公立保育所・児童センター)
 ですが、今後は図書館も含め、
 提供施設の拡大に取り組んでいくようです。

【12】歩道が少ないため、ベビーカーでの移動や、
    子供乗せ自転車での移動が危険な場所が多い。
└オオタカの森周辺・土地区画整理地内の幹線道路(都市計画道路)
 では、現在、歩道を含た整備を進めています。
 ただし、その他の既存道路等では、
 「元々幅員がない」「沿線に住宅が密集している」等の理由から、
 歩道を設けることが困難な状況のようです。
 これらの道路については、状況確認の後、
 警察署や関係機関の協力を得ながら、
 必要に応じ、ソフト面(視覚分離、
 交通規制等)での対応を行っていくようです。

【13】ファミリーサポートの提供会員が少ない
    (特におおたかの森駅周辺)。
└おおたかの森駅周辺を含む中部地区の提供会員数は、
 市内の他地区と比較しても同等以上です。
 「北部地区」45
 「中部地区」77
 「東部地区」39
 「南部地区」39
 ただし、若い子育て世帯が急増しているため、
 需要に供給が追いつかない状況のようです。
 提供会員募集記事の広報紙掲載回数を、
 増やすことを執行部(役所)に求めるなど、
 今後も会員確保に向けた積極的PRに努めていきます。

【14】ファミリーサポートの利用金額が高い
   (1日預けると、1人6,000円位かかる)。
└提供会員の報酬としては、
 1時間当たり700円の利用料は他団体と比較しても、
 妥当な金額であると思います。
 なお、ひとり親家庭などについては、
 一定の所得制限を設けて、
 利用料の半額助成を行っています。

以上、雑駁ですが、担当部署の協力も得ながら、
子育てママさんたちのご意見やご質問にお応えしてみました。

明後日から始まる3月定例会の一般質問では、
6人の議員が子育て関連の質問をします。
詳しくはコチラを、ご参照ください。

私は今回、任期中の最後の質問ということで、
自ら進んでトリを務めますので、
その前に質問する議員さんたちの質問で、
私の質問の答弁(執行部からの返答)は、
すべて答えられてしまうかも知れません^^;

というわけで、
ブログで少々フライングしてみました(笑)

繰り返しになりますが、
アンケートにお答えいただき、
貴重なご意見ご質問をくださったママさんたちに、
この場を借りて心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

コメント
taketaku さん

いえいえ。
僕のほうこそ、
少し言葉が足りなかったと反省しています。
脳みそトロけた状態でブログを書くと、
よくないですね^^;ヌケモレしまくりです。
改めて、自分のブログを読み返してみると『最大の要因...』というのも少し大袈裟な表現だったかも知れません。伝えたかった意図としては、『そういう側面もある』ということでした^^
ご丁寧なコメントレスありがとうございます。
柏原病院の件はもちろん存じてますよー^^
コンビニ受診の件など、松野さんと全く同感です。
コメント拝見して私も冷静にブログ読み返しましたが、あのくだりは夜間救急などについての言及なのですね。小児科医不足全体にかかってくるご発言と勘違いしてしまいました。失礼いたしましたm(_ _)m

いずれにしても、私が特に言いたかったのは、複合的要因で(夜間救急、総合病院専門医に関わらず)小児科の不足感があるという現状においては、保育や教育の現場は何でもかんでも病院で診断、証明を求めないほうがいいのではないかなあといことです。ちょっと愚痴めいているかもしれないですね。
真摯なご返答ありがとうございました。
出先で入力しているもので、乱文失礼しました。
  • taketaku
  • 2011/02/21 12:27 PM
taketakuさんのコメント返しをした自分の文章を改めて読み返して、キチントした返しになっていないことに、いま気づきました(爆)年明けから万年寝不足で、脳みそがトロけているので、ご勘弁くださいまし(笑)僕は、『お母さんたちが、子供を病院にすぐ連れていくのがダメだ』と言っているのではなくて、いきなり小児科専門医のいる大病院に連れていくのではなくて(これを、俗に「コンビニ受診」と言います。)、まずは、かかりつけの診療所や町医者に行きましょう。という意味です。わかりづらくて、スンマセン。。。
  • 松野豊
  • 2011/02/21 1:45 AM
http://bit.ly/8KeCfK も併せて、ご一読いただけると、少し御理解いただけるかと思います。
taketakuさん

さっそくのコメントありがとうございます。
ブログにリンクした「受信の目安すチャート」は、まさにtaketakuさんや私の妻のような現役子育てのママさんたちが自発的に活動した「県立柏原病院の小児科を守る会」が作成したものです。
私の友人の伊関友伸@城西大学経営学部准教授の著書『まちの病院がなくなる!?―地域医療の崩壊と再生』
 http://amzn.to/eN1r8i を、ご一読いただけると小児科医の現状を掴んでいただけるかと思います。
  • 松野豊
  • 2011/02/21 1:06 AM
こんばんは。
小児科不足の最大要因として
「お母さんたちが何でもかんでも小児科専門医のいる大病院に駆け込むことにあります。」
とありますが、確かに要因のひとつではあるでしょうけれど最大と断言する論拠があるのか疑問に思いました。
例えば小児科は女性率が高く、ライフステージでキャリアがストップする問題、あるいは、確かに数的には足りているけれど、地域格差がある問題(全国的にはもちろんのこと、流山のエリア別でも格差があるのかもですよね。)など、様々な要因が複合的に重なって生じているのが現状のように思うのですが・・・。

また、これは意見ですが、保育所(あるいは幼稚園、小学校でも)において、インフルエンザやその他法定伝染病のたぐいか判断するためにちょっとの発熱でも病院行きを迫られたり、回復すると治癒証明書をとるためにまた病院に行かねばならなかったりしていることも病院行き増を招いているかもしれません。そういう状況もあるので、「お母さん達」は個人的判断を超えて小児科にお世話にならざるを得ない状況がかつてより増えているように思います。
これは流山市だけの問題だけではなく、学校保健安全法はじめ様々な法的縛りもあるし、マスコミや製薬会社のプロパガンダもあるでしょうから簡単に解決する問題ではないでしょうけれど。
少しの熱くらい家で見ろと言われたり、少し熱があったら病院にいって診断してもらえといわれたり。母または父も大変です^^;
症状が軽く元気なときの登園、登校に関して、世間的にもう少しゆるい判断がなされるようになって欲しいと思う今日この頃です。

このような現役母の意見もあるということで、失礼ながらコメントさせて頂きました。
  • taketaku
  • 2011/02/21 12:54 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
このページの先頭へ▲