近況報告。

2011.06.19 Sunday

4/16以来、
約2カ月ぶりのブログ更新です。

公私に渡り話題が、
盛り沢山ですが、
以下、近況報告をします。

【統一地方選挙】
なんとか無事に当選をさせていただきました。
早いもので4期(13年)目となりました。

市民でもないのにカンパをしてくれた古くからの友人たち。
(※カンパの収支報告は改めて致します。)
選挙活動を支えてくれたスタッフ&友人たち。
そして、投票してくださった方々には、
感謝の念が絶えないのですが、
公職選挙法
第百七十八条
(選挙期日後のあいさつ行為の制限)
によってWeb上における挨拶も禁止されていますので、
『ありがとうございました』と言えません。


本当に可笑しな法律ですw

【長男誕生!】
選挙が終わって間もなく、
5/11には第二子となる長男が誕生しました。
「龍士(りゅうと)」と命名しました。
「龍」は、大好きな坂本龍馬さんのように天真爛漫に。
「士」は、武士のように勇ましく。
という思いで家内と一緒に相談しながら、
名づけました。

市役所の窓口に出生届を提出する時に、
「龍」の立の部分の点が縦づけか横づけかで、
とまどいました。

常用漢字や名前に使える漢字の本によると、
立の部分の点は横づけ。

しかし、
縦づけも間違いではない。。。

親の僕にとって重要なのは、
龍馬さんの「龍」の立の部分の点が、
タテなのかヨコなのかということなのでした。


ぱっと見て、
ヨコ点のようにも見えますが、
良く見ると筆をナナメに置いていうようにも見えます。


役所の窓口で、
目の前に出生届の書類を置いたまま、
坂本家9代目の坂本登さんに電話をしました。

(以下、要約です。)
松野 『登さん。ご無沙汰しております。』
坂本 「おぉ。元気?」
松野 『じつは、長男が誕生しまして。』
坂本 「おぉ!おめでとー。」
松野 『ありがとうございます。ところで、いま
     出生届を役所に持ってきているのですが、
     龍馬さんの龍の字の立の点はタテですか?
     それともヨコですか?』
坂本 「・・・。俺もワカラン...。」
松野 『げっ!マジですか。
     薩長同盟の裏書きサインの画像も、
     毛筆のため、
     タテかヨコか読みとれませぬ...。』
坂本 「よし!わかった。ではタテでいこう。」
松野 『了解しました。タテでいきます。
     ありがとうございました。』

ある意味、歴史的瞬間でしたw

龍士が近い将来、物心がついて
「僕の名前の由来は、なぁに?」
と聞いてきてくれた時には、
僕は彼に『これを読みなさい』と、
竜馬がゆく」を渡そうと思います。

【臨時議会】
5/26には臨時議会がありました。
本来の主たる議題は、
議会内の役選(議長や委員長等を決める選挙)
なのですが、
所属会派(流政会)を代表して、
放射能関連の緊急質問をしました。
質問は、
私の他に秋間議員@公明党と、
小田桐議員@日本共産党がおこないました。
私も含めて、
3人とも共通の争点は、
「流山市独自で放射線量の調査・公表をすべきである」
ということでした。
詳細は、
議会インターネット中継録画を、
ご覧いただければ幸いです。

市長は「当面、市単独での調査はしません。」と、
答弁されていましたが、
6/3には独自調査をすることになりました。

このことについては、
6月議会(定例会)の
一般質問で、
市長に言及する予定です。

なお、私の登壇は、
6/22(水)5番目の予定です。

【議会内人事】
これまでとは違って、
議会内でも、会派内でも、
僕は全
くの無役です。

僕が市議会議員をしている目的は、
“流山を元気にすること”
この目的を達成するための第一歩として、
犁腸餡革日本一瓠別槁検砲鯡椹悗靴討い泙后
ちなみに昨年は全国9位(千葉県1位)でした。

これまでは議会運営委員長とか、
議会活性化推進特別委員長とか、
会派の幹事長とかとか、
長として、
流山市議会の改革をリードしてきましたが、
無役のまま、
どこまで議会をリードできるの
か?
新たな挑戦に挑みます。


僕の母校(麗澤高校)の教室には、
天爵を修めて人爵これに従う
という格言が掲げてありました。

「人爵」よりも、

「天爵」を修めること専念したいと思います。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
このページの先頭へ▲