年頭所感2013

2013.01.11 Friday

 頌春

みなさま佳き新春をお迎えのことと、
お慶び申し上げます。

選挙で皆さまからの付託を受けて、
市議会議員として活動を初めてから、
今年で15年目を迎えます。

「若者に、もっと政治に
 関心を持ってもらいたい。」
「みんなが選挙に行きたくなるような
 政治をしたい。」
「故郷(ふるさと)流山を、
 もっと元気にしたい!」
という思いから、
29歳で市議会議員に立候補し、
民意の反映される街こそ、
良い街だと信じて、
当選以来、議会改革(活性化)に、
取り組んで参りました。

昨年、流山市議会は、
第2回議会改革度調査
/日本経済新聞社
では810市区議会中、
全国1位となりました。
└情報公開度   1位
└住民参加度 12位
└運営改善度   1位

さらに、
議会改革度調査2012
/早稲田大学マニフェスト研究所
でも1789都道府県市町村議会中、
全国6位となりました。
└情報公開度   3位
└住民参加度 90位
└機能強化度   3位

またマニフェスト大賞では、
一連の議会改革が評価され、
最優秀コミュニケーション賞
を受賞しました。

おかげさまで他市・他団体から、
当市議会への視察も昨年1年間で、
62件にも及びました。

議会改革(活性化)で、
日本一となり、
名実ともに
地方議会のトップランナーの一員
となりました。

これからも現状に甘んじることなく、
議会基本条例の前文に規定されている
「市民に開かれた議会」を目指し、
邁進していきます。

今後の当市議会の課題は、
「住民参加度の向上」です。

具体的には、
議会報告(意見交換)会の回数増加、
ホームページやSNSを利活用して、
市民の皆さんとの意見交換などを、
より活性化することです。

さて、
今年の経済人の方々の年頭所感は、
「景気低迷からの脱却」
「グローバル化」
というキーワードが、
多かったように感じます。

世界の政治に目を向けてみると、
ガバメント(統治)から
ガバナンス(共治)という
発展段階を経て、
オープンガバメントの実現を目指し、
政府や自治体が保有する公共データを、
インターネット上に公開し、
企業や団体などが二次利用することで、
新たな住民サービスを創出するという
「オープンデータ」の取り組みが
加速しています。
具体的な事例1
具体的な事例2

オバマ米大統領の大統領選以降、
よく耳にするようになったこの言葉は、
「政府の透明化による市民参加促進」
を意味します。

元来、オバマ大統領以前から、
オープンガバメントという発想は、
民主主義の新次元を、
ICTによって実現したい、
あるいはできる、
という思想的背景に基づくものです。

オープンガバメントを
実現するための第一歩は、
政府や行政、議会が
保有しているデータのオープン化です。

オープンデータへの取り組みは、
米国、英国、仏国、豪州が積極的です。

日本でも昨夏に、
政府(IT戦略本部)が、
「電子行政オープンデータ戦略」
を決定し公共データを公開していく
準備をしています。

自治体では
福井県鯖江市をはじめとして、
会津若松市、横浜市などが、
先行してオープンデータに
取り組んでいます。

流山市流山市議会でも、
昨年10月から
ホームページリニューアルのタイミング
に合わせてトップページに
「オープンデータトライアル」
というアイコンを設置して、
データの情報開示を推めています。

公共データの情報を開示することが、
市民参加の促進となり、
「市民に開かれた議会」を目指すことが、
「議会の見える化」を促進し、
「民意の反映」につながっていきます。

地方議会とは、
合議制の議事機関であり、
選挙によって選ばれた市民の代表である
議員の集合体です。

さらに、
議会は民意を反映する場であり、
行政における最高の意思決定機関です。

そして、
民主主義国家における主権者は、
有権者(市民)の皆さまです。

ゆえに議会は、
積極的な情報公開を率先して行い、
より一層「市民に開かれた議会」を
実現しなければなりません。

また、
議会は市民の多様な意見を
的確に把握することに日々努力し、
常に市民との対話を行い、
市民の声を汲み取りながら、
議員間で自由かったつな討議を重ね、
市民に信頼される議会運営に
取り組まなければなりません。

これまで以上に市民の皆さまが、
市政に対して興味関心を持って、
評価いただける議会を目指して、
「志は高く 頭は低く」
日々精進を重ねます。

結びとしまして、
厳しい経済情勢が続きますが、
本年が皆様にとって、
素晴らしい一年となりますことを
祈念いたしまして、
年頭のご挨拶といたします。

本年もよろしくお願い申し上げます。

平成25年1月11日

流山市議会議員 松野豊
(市役所内会派控室にて)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
このページの先頭へ▲